2020年01月15日

寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化

こんにちは、ダム愛好家S(佐田川流域住民)です

昨年の5月(梅雨前に)、寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化がされたのご存知でしょうか?


寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化
対象は、佐田川流域となってますが通勤通学、なんらか関わりが出てくる方は把握して置いていいような気がします。

どんな事なのか出来るだけ分かりやすく説明しますね。

寺内ダムは、平成30年に管理40年を迎え、その期間に防災操作を53回 行いました。
防災操作とは、簡単に言うと大雨時にダムに入ってくる流入量をダムに少しづつ溜めることで流出量を抑えて下流に流し佐田川の水位上昇を抑える行為
(九州北部豪雨から、一昨年、昨年と毎年、防災操作は行われてます)

寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化

寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化

ダムがなかったら、佐田川が決壊していたケースが過去に何度もあっただろうと聞いています。
今までは、寺内ダムが建てられたとき40年前に計画された防災操作の計画範囲内で済んでます。が


寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化

昨年、5月に決められた朝倉市と寺内ダムとの避難指示基準とは、
さらに雨が降ったりして寺内ダムの防災操作が限界にきたときに行う第二弾の操作、異常洪水時防災操作


寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化

異常洪水時防災操作とは、
通常の防災操作は常用洪水吐からの放流なんですが
非常用洪水吐も使った放流になります(非常用洪水吐を使った放流は、40年間一度もなし)
つまり、今までに想像してない放流量が予想されて、想像以上の速さで水位が上がる

というか、多分、佐田川のどっか
決壊の可能性がかなり高いのを覚悟しないといけないこと

なので、この寺内ダムと朝倉市の避難指示の明確化のレベル3が出たら、速攻、避難準備に入らないとやばいよ。

という事です。

なかなか文字では、難しいですよねー
命を守るためにちゃんと理解しておきたい、話を聞きたい方がいましたら
寺内ダム見学会を、また企画しようと思います。
平日、3人くらい集まれば寺内ダムさんに連絡して企画します。

それ以外にも、もっと事前にダムの水位を下げて備えたらいいじゃんとか疑問ありますよね?
事前放流とか、ニュースになっていたの!そんな疑問の方もぜひ、興味がある方は

知らぬは一寸の恥、
ていうか自分も寺内ダムの見学するまで理解してませんでしたし(佐田川流域住民なのに)
知らないのは、恥ではないです。

昨年、他県ではダムの緊急放流だの、なんだのありましたが幸いなことに朝倉市では、まだ異常洪水防災操作は行われていません
が、今後、行われる可能性はないとはいえません

一緒に、楽しく学びましょう

というか、その前に「寺内ダムが九州北部豪雨のときに行った防災操作」て正しく伝わってるのかな?


寺内ダムと朝倉市の避難指示基準の明確化


追伸、この本は、すごくわかりやすかったです。
この本を読むのもいいかもですね



地域情報ランキング





同じカテゴリー(朝倉市のこと)の記事画像
キャンピングカーで、朝倉市3ダム巡り
同じカテゴリー(朝倉市のこと)の記事
 キャンピングカーで、朝倉市3ダム巡り (2020-01-12 12:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。